ポケット暗算 リリース

脳トレアプリポケット暗算をリリースしました。

あたまのなかで計算を繰り返し、100以上になったときの値を解答する暗算脳トレアプリです。

  • 例)初期値:6、加算値:7
  • 6+7=13
  • 13+7=20
  • 20+7=27
  • 27+7=34
  • 90+7=97
  • 97+7=104(>=100)
  • 解答:104

元ネタは昔テレビ番組でやっていた脳トレです。移動中などによくやっていたのですが、最後に答えがあっているのか確かめることができないため、モヤモヤしつつも気にしないようにしていました。

今回Vue.jsの勉強中にふと思い出したことがきっかけとなり、アプリにしてみました。フレームワークはOnsen UI + Vue、スロットの部分はbounty、アニメーションはAnimate.cssGSAPPixiJS、多言語化はVue I18nを利用しました。これらのライブラリは(Animate.cssを除いて)初めて使ったのですが、結果的にVueの勉強と同じくらいたいへんなことになってしまった気がします。。。

本アプリの脳トレは単発の暗算と違いあたまのなかで計算を繰り返すため、計算結果をあたまにとどめながら更新していく必要があります。これがけっこうたいへんで、気を抜くと途中で計算結果を忘れたり桁がずれたりしてしまいます。地味でハードですが、しっかりワーキングメモリを鍛えることができます。また、最後の答え合わせもできるのでモヤモヤせずに済みますし、ほどよい緊張感が生まれたと思います。

Google Playストアで公開中ですので、よろしければご利用ください。

Google Play で手に入れよう

Tiny Note V2.0.0 アップデート

シンプルなメモ帳「Tiny Note」のアップデートを行いました。

V2.0.0 アップデート内容

  • メール送信機能を追加しました。
  • アプリのサイズを大幅に削減しました。
  • 対応するプラットフォームをAndroid5.0以上に変更しました。


リリースしてから初のアップデートになります。

使い捨て用のメモ用紙を想定して開発しましたが、実際に長く使っていると、消さずに残しておきたいアイデアやポエム的なものなどが溜まってしまい、いったんパソコンやノートに手動で書き写すしかないけどめんどくさいという状態に陥りました。この問題を解消するため、メール送信機能を実装しました。簡単操作でメモの内容をメールに残すことができます。メールした後さくっとメモ用紙をクリアすれば、きれいな状態から使用できます。

また、過去記事にあるようにV1.0.0ではCrosswalkプラグインを導入したためAPKのサイズがかなり大きかったのですが、対応プラットフォームをAndroid5.0以上に変更しCrosswalkプラグインを削除したためAPKのサイズを大幅に削減できました。

興味のある方はGoogle Playで手に入れてみてください。
Google Play で手に入れよう

Smoking Note V1.3.2 アップデート

喫煙管理アプリ「Smoking Note」のアップデートを行いました。

V1.3.2 アップデート内容

  • 日付変更時間の設定機能を追加しました。
  • 喫煙データの初期化機能を追加しました。
  • 煙エフェクトの設定機能を追加しました。
  • いっぷくボタンを押したとき煙エフェクトをかけるようにしました。
  • 思いとどまりカウンタを削除しました。
  • 前回の記録表示スイッチボタンを削除しました。
  • アプリ全体をフラットデザインからマテリアルデザインに変更しました。
  • 対応するプラットフォームをAndroid5.0以上に変更しました。ご了承ください。

今回のアップデートは、ご利用されている方から頂いた日付変更時間(リセット時間)の設定機能がほしいというリクエストに対応するため実施しました。ついでに煙エフェクトや広告についての説明など前から追加したいと思っていたアイデアの実装と、思いとどまりボタンや前回の記録表示スイッチといった微妙な機能の削除を行いました。

前回のアップデートから約一年。今回UIライブラリOnsen UIのバージョンを1.3.71から2.10.1にバージョンアップしたこともあり、アプリのデザインを全体的に変更しました。はじめてアプリをリリースした頃はフラットデザインという言葉をよく目にしたため見よう見まねで取り入れたのですが、今回はマテリアルデザインに変更しました。Android OSはGoogleが開発しているわけですが、そのGoogleがマテリアルデザインのガイドラインを公開していたり、Onsen UIのV2では「すべてのコンポーネントでiOSとAndroidマテリアルデザインに対応し、実行する端末にあわせて自動的にスタイルを切り替えます。」と説明されています。実際に取り入れてみると影による立体感のおかげでボタンなどが視認しやすくなったと感じました。よろしければ使ってみてください(たばこを吸わない方でもカウンターとして使えますよー)。




Google Play で手に入れよう