Tiny Noteリリース

シンプルなメモアプリ Tiny Note をリリースしました。

リスト表示でとても見やすい、シンプルなメモ帳

買い物リストや直近の予定など、メモ帳に残すほどでもないようなことを、迷わずさっとメモれるようなシンプルなメモアプリです。

使い捨てのメモ用紙代わりにいかがですか。

巷ではすでに信頼と実績を集めたメモ帳アプリがたくさんリリースされているわけですが、いろいろ使ってみた上で自分なりに使ってみたいメモアプリが頭に浮かび作ってみました。

どのようなメモ帳アプリが使いたかったかというと、

  • 罫線が引かれて、行間が十分あり、見やすいもの
  • 買い物リストややることリストなど、ちょっとしたことに使いたい。なのでバックアップや転送など高度な機能は不要。単純にメモるだけのもの。
  • タイトルとかいらないし、新規作成もいらない。手間をかけたくない。
  • ちょっとスタイリッシュな感じのもの。
  • 先頭だけではなくメモ領域のどこからでも書き始められるもの。

といった、とても個人的なものです。

シンプルすぎる内容ですが、実際コーディングしてみると予想以上に大変でした。
ちょっとアプリの作りについて裏話的に書いてみます。

  • Android4.4.2以下に対応させるためにCrossWalkプラグインを導入(※)。おかげで動作の安定感が2倍以上増しました(自分比)し、最新のWebViewでAPIが使える(window.screen、navigator.language)などいいことがいっぱいですが、アプリのサイズも2倍以上増えてしまいました。低機能・軽量を目指していたのですが断念。Android4.4.2以下を切れば済む話ですが私のスマホがAndroid4.4.2なのでやむなし。
  • メモ領域はtextarea要素ではなくdiv要素&contenteditable属性で作成。罫線を引くため。これがけっこう曲者でいまだ謎の部分あり。なにやらfont-sizeとline-heightの差が大きいとメモ領域の最終段で改行したときに発生するスクロールの量が一行分でなくなる。改行を開始した行までスクロールされる感じ。そうゆう仕様ということにしました。
  • 買い物リストややることリストなどを想定しているため、今回はファイルではなくローカルストレージに保存。
  • フォントサイズは各シートで共通。シートごとに持たせることはできるけど必要ないかなと。また、シートごとに色を選択できるようにすることも考えましたが、とりあえず保留(めんどそう)。
  • 端末の回転について以前記事を書いたのですが、CrossWalkプラグインを入れたら挙動が変わりました。ちょっと焦りましたが、window.screenが使えるようになったため端末の縦横判定時にキーボードの表示・非表示を気にせず「screen.width < screen.height」とするだけで良くなりました。ちょっとむなしかったです。
  • アプリの起動を少しでも速く、アプリのサイズを少しでも小さくしたくて、スプラッシュスクリーンを使わないようにしてみたのですが、どうしてもうまい具合になりませんでした。パターン1:起動—>真っ黒—>真っ白—>アプリ画面表示、パターン2:起動—>真っ黒—>真っ白—>真っ黒—>画面表示。真っ白いらないのに。スプラッシュスクリーン必須という結論に。

※ Onsen UI V2はAndroid4.4.4以上をサポート。4.4.2以下はCrossWalkプラグインが必要

なにはともあれ、無事リリースまで辿り着きました。

本日よりGoogle playストアで公開中ですので、よろしければご利用ください。

Google Play で手に入れよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA