リリースしたアプリの起動がある日突然遅くなった話

昨日 11/2 お昼前、いっぷくしようと思い、自作アプリ Smoking Note を立ち上げようとしたときのことです。
… アプリの起動が妙に遅い
スプラッシュスクリーンが消えた後も、時刻などの動的に描画する要素がなかなか表示されない。ちょっと許容できない遅さで、たまたまかなと思い何度か立ち上げなおしても状況は変わらず。アプリの起動後の動作には問題がなく、広告自体もちゃんと表示されるのですが、ただただ遅い。

アプリのキャッシュをクリアしても、スマホを再起動してもだめ。
「いやいや、今日ついさっきまで普通に起動してたのに、冗談でしょう?」と軽く現実逃避しながら昼食をとり、気を取り直して再度アプリを立ち上げてみても、やっぱり起動が異常に遅い。

このとき、めっちゃ焦りました。さーっと血の気が引く感じ。

突然動作が変わる原因として、広告配信かファイル関連くらいしか思いつかなくて、私が使用している広告 admob について現在なにか起こっていないか、ネットでずっと調べてました。admob の表示には cordova プライグインの cordova-admob-pro を使っているので、これについても調べたのですが、それらしい情報はどこにもなく、admob への問い合わせ先も見つからない。

で、デバッグ開始です。
実機での起動時の動作確認のため、ちょっとめんどいけど仕方なし。
まず、ソースを変更せず(アプリ名だけ変更)デバッグビルドで構築して実機にインストールし、現象が再現するかを確認。
うん、再現します。間違いなく。
この時点でファイルなしでも発生することが確認できました。
また、広告をテスト広告に変更しても同様に発生しました。
次に、ブレークポイントは貼れないのでコンソール文とアラート関数を埋め込み、ビルド・インストールし動作確認。
これを繰り返してやっとのことで発生個所を特定しました。

/*** test 2016/11/02 ***/
window.alert("init_ad in");
  if(window.AdMob) AdMob.prepareInterstitial({
                     adId: admobid.interstitial,
//                     isTesting: true,
                     autoShow: false
                   });
window.alert("init_ad out");  // 上記の alert 表示後の
                              // この alert 表示が異常に遅い!

上記のインタースティシャル広告作成関数でプログラムがしばらく止まるんです
この関数自体は非同期関数のようにすぐに返ってくるはずなんですが、この日このとき、なぜかすぐに返ってこない。

で、特定はできたけどこれからどうしようと考えながらいっぷくしようと Smoking Note を立ち上げたら …
なおってる!
なんかしらないけど、普通に起動しました!
このとき、午後 18:16 。
まるで夢のような出来事でした。
こうゆうケースが現実にありましたということで、ご参考まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA